*

花總まりの魅力

公開日: : 宝塚一般

花總まりの魅力

昨日の東宝エリザのキャスト発表の続きで、はなちゃんについて書いてみます。

 

というかはなちゃんについては一度まとめたいと思ってます。はなちゃんの舞台を一度も見てないくせに、DVDや映像ではほとんどの作品を何回も見てますから、はなちゃんについては相当語れます(^○^)13年間トップ娘役を務めた、それだけですごいです、百年に一人の娘役には違いありません。

 

そもそも僕がはなちゃんを知ったのが、はなちゃんが退団した2006年の退団公演のとき。それも確か東京の最後のころだったと思います。東宝の千秋楽でのニュースを今でも覚えています。はなちゃん「たかこさん最高〜」て言ったんですよね、銀橋でしたっけ?かなり違和感ありました。確かに当時たかこさんと、、、、でしたからしかたがなかったのでしょうが、じゃ、はなちゃんを育ててくれた、一路さんや高嶺さんや轟さんはずんちゃんはどうなっちゃうの?って。あそこではあのコメントは言うべきではなかったです。

 

まあそんなことは置いといて、はんちゃんの魅力は。その前になぜ僕がはなちゃんを好きか?それは今の贔屓礼真琴、ことちゃんと通じるものがあって、「声」です。話すときも、歌うときも。よくわかりませんが、「波長」ってあるんですかね?自分に二人の波長があっているのか、心地いいのですね。なのでそういう意味では理屈ではなく感覚的に好きってことです。

 

その上ではなちゃんの魅力の第1は、「役者」ってことですかね。特に「歌」で芝居ができること。はなちゃん、普通以上に歌えると思いますが、特に「歌姫」ではないと思います。歌だけならうまい人はたくさんいますね。でも歌で芝居ができる、歌を台詞のように歌う、歌で感情表現できる人はそうはいません。

 

それから、歌だけではなく、その役になりきることができること。舞台にいるのははなちゃん、ではなく、たとえばシシィだったり、アントワネットだったり、その役になりきることができる。なので、幼い娘から年齢の高い女性の役、かわいい役やきつい役、なんでもなりきることができることがすごいです。

時間があったら作品とともにはなちゃんの魅力を書いてみたいと思います。

関連記事

星組オーム・シャンティ・オーム 7/25 16:30公演 観劇

  梅田のオーム・シャンティ・オーム 7/25 16:30公演を観劇してきました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
星組舞浜アンフィシアター公演『VERDAD!!』ブルーレイ 著作権により楽曲の差し替えあり

  星組舞浜アンフィシアター公演『VERDAD!!』ブルー

星組公演「柳生忍法帖」初日観劇感想 礼真琴&舞空瞳

  星組公演「柳生忍法帖」初日観劇の感想です。 ショーの

星組公演「柳生忍法帖」「モアダンディズム」初日観劇感想 礼真琴&舞空瞳

星組公演「柳生忍法帖」「モアダンディズム」初日観劇してきました。 芝

no image
公演ラインアップ発表<2022年4月~7月・星組『めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人-』『Gran Cantante!!』>

9月10日、星組の来年の大劇場公演の演目が発表されました。 &nbs

no image
2022年2月・星組 別箱演目発表 『王家に捧ぐ歌』とせおっち東上

8月31日、2022年2月・星組の別箱演目が発表されました。 &nb

→もっと見る




  • ★星組公演『柳生忍法帖』東京千秋楽まで
    あと 63 日 1 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑