*

星組2017年1月公演 『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』 映画DVD見ました

公開日: : 宝塚一般, 星組

 

星組2017年1月公演 『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』の原作映画DVDをレンタルで借りてきて見ました。

 

この映画、公式サイトの解説にあるようにインド映画の傑作とのことです。

インド映画、今まで見たことも聞いたこともありません。どうもインド映画は基本的にダンスや歌が多いそうですが、この映画もどうもそのような映画らしい。

しかしまずは実際に見ないとわかりません。ということで早速、レンタルしてきたというわけです。

 

ネタバレになりますから詳しくは内容は書きませんが、一言でいうなら『面白い』です。

3時間ぐらいある長〜い映画ですが飽きません。僕が初めて見るからかもしれませんが。

確かに途中ダンスや歌がやや長く感じられますが途中からはどんどん話に引き込まれていきます。

 

シナリオというのか脚本というんですかね、話の展開がしっかりしています。

 

主演のシャー・ルク・カーンさんは結構筋肉モリモリでちょっと紅さんのイメージではないですが、(ちえさんみたいな人が似合いそう)まあそのへんはどうってことないでしょう。とにかくかっこいい役なので、紅さんなりのオームを魅せてくれることでしょう。

 

ヒロインのシャンティを演じているディーピカー・パードゥコーンさんがとにかく美しい。世の中にこんな美人いるのかってくらいに美しいです。彼女を見てるだけでも『スカッと』します。魅力的です。

見た目があーちゃんによく似ているので、あーちゃんもピッタリはまるのではないでしょうか。

 

さて、我らが贔屓ことちゃん(礼真琴)はどの役をやるのでしょうか。

主な役は、大物プロデューサーとオームの友人ぐらいしかないのですよね。どちらか、かなあ。

プロデューサーはかっこいい役だけど、友人のほうが似合ってるし。ファンとしてはプロデューサーの役をやってほしいなあ。そろそろあんな役をできるようになったらいいのですが。希望です。

 

あとは小柳先生の演出にかかっているかな。変にこねくり回さないで自然に作ってくれれば『いい作品』になるような予感がします。それほど原作がいいです。宝塚っぽい部分もたくさんあります。普通に作ってもらえればすごく宝塚らしい作品になりそうです。

 

まだまだ先の演目ですが、星組ファンのみなさんはぜひ映画DVDをご覧になることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

関連記事

星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) 初日の感想 脚本について

  星組バウホール公演 鈴蘭(ルミュゲ) 初日の脚本についての感想を別ブログに書きま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
ひっとん(舞空瞳)退団発表、、礼真琴は史上最低最悪のトップ

ヒットん(舞空瞳)の退団発表がありました とりあえずお疲れ様 約5

no image
星組全国ツアー公演『バレンシアの熱い花』Blu-ray ブルーレイがアマゾンで9%値引き

星組全国ツアー公演『バレンシアの熱い花』『パッション・ダムール・アゲイ

no image
星組シアター・ドラマシティ公演『赤と黒』ブルーレイがアマゾンで18%オフ

星組シアター・ドラマシティ公演『Le Rouge et le Noir

no image
2022年 宝塚歌劇(星組)を振り返って

2022年の星組はことなこ(礼真琴&舞空瞳)体制3周年を過ぎ4年目に入

no image
礼真琴&舞空瞳体制の今の星組の充実度

星組 礼真琴&舞空瞳体制も10月で4年目に入りました。もう丸3年過ぎた

→もっと見る




  • 『RRR』初日!おめでとうございます♡


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑