*

スカステ 星組スカピン団トーク

公開日: : 宝塚一般, 星組

 

スカーレットピンパーネル団のメンバーによるトーク番組。

いやー面白かった。3日間連続で時間的にも内容的にも十分に楽しめた構成でした。

こういう番組ではやはりしーらんの仕切りは絶妙でみっきーとのコンビ感もよく、盛り上がりますね。そして何より星男たちは『熱い』『うるさい』ワチャワチャ感が最高です。

 

僕はどうしてもショーヴラン中心の観劇になってしまいますし、ショーヴランが出てない場面ではパーシー、マルグリットに注目しちゃいますのでなかなかスカピン団をしっかり見ることができていません。

しかし今回の番組でそれぞれの年齢やキャラ設定がよくわかりました。できれば観劇前にこういう番組があればより観劇も楽しめたのになあという感じです。東京組の人には役に立ったと思います。

 

エルトンまおくん 体育会系、いつも走り回ってます。知らなかった〜。

 

デュハースト「アルマンは何で仲間に入った?、マルグリットの弟ということで私は反対!」

デュハーストはアルマンがフランス人なのを常に嫌っている^^;

 

それぞれのお相手への思いも面白かった〜。星男みんなデレデレでした。

 

特にデュハーストしーらんのケイトはるこちゃんへのデレデレぶりは見事だった。

ケイトもデュハーストと同じ30歳ぐらいの設定で

「もう少し待っていてくれないか」

「って待たせすぎだろ、、」

「待ちます」

「信じているから」

「やっべっ、、」

 

ピンパーネル団の存在がバレてきてるらしく

デュハースト「こないだ美容院に行ったって言ったら民衆が「美容院?!」

「そいつは貴族だ!」って。

「やべっ!みんなも気をつけないとな」

フォークス「これからは変装もしっかりと」

オジー「ではもっと綺麗に」

思わずオジーと顔を見合わせるデュハースト

そしてオジーの女装の話で大盛り上がり(^○^)オジーはちょっと怪しいらしい^^;

 

今回のトークで星男たちのそれぞれのキャラがよくわかってこれからの星組がさらに楽しみになりました。

しーらん、みっきーは安定の上級生で頼りになるし、ぽこちゃんとまおくんのキャラがはっきりしてきて。特にぽこちゃんはオームでもそうでしたが面白いキャラも出せるし、ガイズみたいなシリアスな悪役系もいけるのでこれから期待してます。

そしてしどうくんも明るい暖かいキャラがいいし、あやなもぴーすけも存在感が出てきた気がする。

さらに最近爆上げのせおっち。今回もここぞとばかり後ろの席から話に絡んでくる星男らしい『うるささ』が出てきた、いい意味で。

 

そんなワチャワチャした星組らしい番組でしたがここにことちゃん(礼真琴)がいないのはなんとも寂しい。まあでもことちゃん、上級生と一緒だと借りてきた猫みたいになっちゃうからなあ。そこはせおっちとは違う。性格的なものだから仕方ないか。

 

 

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

o0704048012531268860

花總まりの魅力

花總まりの魅力 昨日の東宝エリザのキャスト発表の続きで、はなちゃんについて書いてみます。 &

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

no image
URL変更しました

このサイトのURLは下記に変更しました。   h

20190115
星組 5月別箱 出演者の振り分け発表

  星組5月公演 鎌足とアルジェの男の出演者の発表があ

20190115
DVD 香港映画『食神』 面白い!

  星組公演GOD OF STARS-食聖-の原作か?

20190115
2019年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<7月~10月・星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』>

  ようやく星組の来年2作目の演目が発表されました。

20181129
『霧深きエルベのほとり』1/15 13時公演を観劇

今更ですがみなさまあけましておめでとうございます。ほんと今更ですが^^

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日!おめでとうございます♡

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑