*

星組 黒豹の如く 新人公演 観劇感想2

公開日: : 宝塚一般, 星組, 礼真琴

礼真琴、ことちゃんについて思いつくままに書いていきます。

 

まず歌について。

ここが技術的に?一番の成長を感じました。もともと声量、音程その他文句ありませんが、感情表現がさらによくなったと思います。そして単に感情を表現できるようになったということではなく、歌う場面によって歌い方を変えてる。あくまでも素人の感想ですがそう感じます。

 

たとえばプロローグの海賊の歌はゆったりと雄大な歌い方で大きな海を連想させます。

自分に悩んでいる場面ではときに激しく怒りを表現したり、カテリーナとの場面ではささやくように歌う。場面によっての歌い分け、さらに1曲の中でも歌い分けと。特に今回は歌が多かったことも、より感動した要因だったのかもしれません。

 

お願いとしてはこれからもこのままの歌い方で進んでほしい。歌手の中には年を重ねるごとに変な歌い方になっていく人、いますよね。頭を遅らせたり変にビブラートをつけたりと。ことちゃんの歌の最大の魅力は素直な歌い方だと思っています。だから聞いていてとても心地よい。すっと耳に歌が入ってきますよね。これから経験を重ねても決して変な癖をつけないで今のまま、素直な歌い方でいってほしいと願います。

 

芝居について
ことちゃんはもともと役者ではないと思います。でもかもめで鍛えられ?かもめではかなりよくなったと感じましたし、スカーレットも演技が自然になってきたように思いました。今回もとても自然にまた感動的な芝居だっと思います。

 

少し注文をつけるとすれば、時々「台詞を間違わないように注意しながら言ってるな」って感じるときがありました。こうなると見てるほうが疲れるんですよね。歌や一人での台詞(独り言)では十分感情表現が自然にできるので、さらに芝居も上達してくれたらいいな。いやファンとして注文が多すぎますかね。

 

ダンスについてはいうことありません。プロローグの海賊の場面、かっこよかった〜!ちえさんのDNAを引き継いでるな〜と感じた瞬間でした!

関連記事

雪組公演 星逢一夜/ラ エスメラルダ 感想3

この演目 星逢一夜 の本題、メインテーマは何なのか。   まだ1回しか見てないなが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

星組ディミトリ ルスダンより12歳も若かった 礼真琴&舞空瞳

星組大劇場公演 ディミトリ  物語の年代が13世紀はじめ頃。 ディ

次回星組大劇場公演 『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』その他配役発表、人物相関図修正 礼真琴&舞空瞳

11月12日に初日を迎える次回星組大劇場公演 『ディミトリ~曙光に散る

星組全国ツアー モンテ・クリスト伯 梅田初日 観劇感想 礼真琴&舞空瞳

星組全国ツアー モンテ・クリスト伯の初日(梅田芸術劇場)を観劇してきま

星組モンテ・クリスト伯 物語の主題を考える 原作とも比較して

星組全国ツアー公演 モンテ・クリスト伯のお稽古も順調に進んでいるでしょ

星組ディミトリ(ルスダン) ポスター 主な配役発表 礼真琴&舞空瞳

11月12日に初日を迎える星組大劇場公演 ディミトリのポスターと主な配

→もっと見る




  • ★星組公演『ディミトリ/ジャガービート』初日まで
    あと 37 日 12 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑