*

スカステ らぶCALL 星組 柚希礼音 夢咲ねね Part1  Part2

公開日: : 宝塚一般, 星組

宝塚への愛を語るコーナー、ちえねね編です。刻一刻と退団が近づいておりますが、そんな中でのお二人のお話。さすがに円熟のコンビという感じで感動しました。特に感動したところを。

20150507sukasute

宝塚の男役、娘役への想い

ちえさん

初めのころは何もわからなくて苦戦した時期もあった。だけどどんどん楽しくなってきた。上級生の方から「男役は宝塚でしかできないものだから大切にやりなさい」って言われてきた。ほうんとに辞めるとなるともうできないから楽しんでやるようにしている。

男っぽくできないとかいろいろ悩みはあると思うけどできることがすごいことなんだから楽しんでやってほしいし、自分も5/10まで楽しんでやる。

ちえさんだから言える言葉ですね。たくさんの壁を乗り越え、ぶちこわし進んできたちえさんだから「楽しんでやりなさい」という言葉に説得力がありますね。

 

ねねちゃん

お客様が見て理想とする女性であることが一番だと思うので、そこが難しくもあり勉強にもなった。そんな娘役に憧れていたしその娘役になれたことがすごく幸せだと思う。

ここで涙。

いろいろ苦しかったことが思い出されたのでしょうね。

僕たちは舞台での華やかな部分しか見れませんが、計り知れない苦労、努力があって今日のちえねねが存在するのでしょう。

 

ちえさんの振り起こしは早い

自分たちで振りを起こさなければいけないこともあって、ちえさんが「ねねちゃんは前もって振り起こしをやってくる」ってほめれば、ねねちゃんは「ちえさんは覚えるのがめちゃめちゃ早いから、迷惑をかけられない」と。

みっきーも言ってましたが「ちえさんは1回見たら覚える、どんな動体視力してる?」やっぱり舞台人としての基本的な能力が高いのでしょう。

 

相手役とは

ちえさん 自分の中にねねがいた6年間だった。
ねねちゃん 私にとって相手役は柚希礼音さんしかいません。

ねねちゃん号泣して目を真っ赤にはらして、途中カット(休憩はさむ?)しての撮影のようでした。なんとか最後言葉になってよかった。

そりゃ、『自分の中にねねがいた』なんてちえさんに言われたら誰でも泣くでしょ。

 

Part3に続くらしい

Sponsords Link

関連記事

no image

あけましておめでとうございます。

宝塚ファンのみなさま、新年あけましておめでとうございます。 2016年も宝塚歌劇、特に星組の情

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

no image
URL変更しました

このサイトのURLは下記に変更しました。   h

20190115
星組 5月別箱 出演者の振り分け発表

  星組5月公演 鎌足とアルジェの男の出演者の発表があ

20190115
DVD 香港映画『食神』 面白い!

  星組公演GOD OF STARS-食聖-の原作か?

20190115
2019年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<7月~10月・星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』>

  ようやく星組の来年2作目の演目が発表されました。

20181129
『霧深きエルベのほとり』1/15 13時公演を観劇

今更ですがみなさまあけましておめでとうございます。ほんと今更ですが^^

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日!おめでとうございます♡

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑