*

星組ガイズ&ドールズ 新人公演 観劇 つづき

公開日: : 宝塚一般, 星組

星組ガイズ&ドールズ 新人公演 感想のつづきです。

最初に書いておきますがかな〜り辛口コメントになりそうなのでいい感想を期待している方は読まないほうがいいかもしれません。

 

まあやちゃん

この人、新公のアルヴィラやキャッチミーのモデル役以来気になっていて、しっかりと芝居を見てみたいと思っていましたので今回はたいへん興味がありました。どうやってアデレイドを演じるのか。

結論から言いますと、残念でした。

もともと歌がある程度うまいのはわかっていましたが、想像以上にうまい。

唯一銀橋でのネイサンとのデュエットの歌が若干苦しいかというぐらいでとても素晴らしい。

ただし、キンキン声なので僕の好みではなりですがこれは好き嫌いなので。

芝居もうまいと思います。

これもアルヴィラで芝居はうまいなと感じていました。

見た目(顔)はこれまた好き嫌いがあるのでどうでもいいです。

じゃ、何が残念だったのか。

演技が『わざとらしい』ことと役づくりが『べちゃべちゃしてる』ことです。

このふたつは結局同じようなことなのですが、

ネイサンとアデレイドの関係って、

お互い好きで好きでしょうがない、でもある意味ドライな所もある。

ラブラブなんだけど『べちゃべちゃしない』。

ねっとりしてなくてカラッとしてる。

うまく言えませんが。

 

でもまあやちゃんアデレイドは娘役なので当然『女』が全面に出て台詞まわしも顔の表情も『べちゃべちゃ』しちゃってるんですね。

さらにまあやちゃんの芝居が大げさ、わざとらしいのでその『べちゃべちゃ感』を増大しちゃう。

見ていてとても『気持ち悪く』なってきた。

その極めつけが、エンディングの台詞「横にはいつもネイサンが、、、昼も、、、夜も」の「夜も」をネイサンの耳元でささやく。

もう『べちゃべちゃ、ねちゃねちゃ感』のMAX。

いい加減にしてほしいって感じ。

ただし原因はまあやちゃんにあるのではなくミスキャスト。

やはりこの役は男役がやるべき。男役同士だから一定以上は『べちゃべちゃ、ねちゃねちゃ』しない。そこが重要だと思う。

アーヴァイドをやった音咲いつき君なんて適任じゃないですかね。

まあやちゃんの歌や芝居のうまさは認識できましたのでこれからが楽しみです。ただしヒロイン向きではないような気がしますが。。

 

三人組

やはりこの三人組は難しいですね。みんな頑張ってはいましたが、ここでもさやかさんの演技力のすごさを再確認。

中ではあやなくん(綾凰華)がよかったかな。歌も滑舌もいいし、それなりに役を作っていた。

ぴーすけくん(天華えま)は毎回新公でほとんど印象に残らない。何かが足りない。

 

やはり本公演のメンバーのすごさを再認識する新人公演でした。

東京ではさらに進化してくれるといいのですが。

期待しています。

 

 

Sponsords Link

関連記事

photo_yuzuki14

柚希 礼音 ディナーショー ライブ中継実施のお知らせ

ちえさんのディナーショー ライブ中継が決定しました。   ホテル阪急インターナ

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

20191114
星組ロックオペラモーツアルト 稽古場レポート パート2 礼真琴

  パート2も面白い 1幕ラストのダンスシーンが凄い

20191111-2
星組ロックオペラモーツアルト 稽古場レポート 礼真琴トップとして初登場

  星組ロックオペラモーツアルト 稽古場レポートがスカ

20191101
星組お披露目公演『眩耀の谷』 ポスターの透明感が最高

  星組お披露目公演『眩耀の谷』(2020年2月7日(

20191027
モーツアルトに染まる毎日 ことちゃん(礼真琴)お披露目が楽しみ

  最近は毎日モーツアルトに染まっています。 &

20191024
蜜蜂と遠雷 原作本を読んで 映画との違いは?

  先日、蜜蜂と遠雷の映画を見た感想を書きました。

→もっと見る

  • ロックオペラモーツアルト初日まで
    あと 22 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑