*

星組スカーレットピンパーネル制作発表

公開日: : 宝塚一般, 星組

 

1/23に星組スカーレットピンパーネル制作発表が行われたようでネットのニュースが流れました。

その中から気になる点について。

 

小池先生

紅さんいついて「意外と憂いのある感じというのは魅力になるんじゃないかなと思います」

そうなんですね、紅さんはお笑い系と見られがちですがシリアスな芝居が上手と思います。

パーシーのマルグリットへの揺れ動く心情をうまく表現されるのではないかと期待しています。

 

あーちゃんについて「彼女の歌声とかの艶やかさと雰囲気にちょっと驚きました」

「普通のコンビよりも大人っぽいものができるのかなと今日は感じました」

先生も普段はすごくギャル系の子と言っていますが実は舞台では大人の女性のほうが似合う人だと思います。今回のマルグリットもそういう意味では芝居は心配なさそうです。あとは歌ですが、こちらもどんどん上達していますから問題ないでしょう。

 

ことちゃんについて「少年漫画のヒーローのようなイメージ」

「若さを活かしつつも、男の暗いたぎる情熱というものを表現できるだろうなという風に思いました」

先生正直だなあ。少年漫画のヒーローって。まあその通りなんですけどね。

写真で見る限りでは若干顔がふっくらした感じでまさに少年っぽさが出てました。これくらいの丸さでいいと思います、ことちゃんらしくて。舞台ではもっと冷たい雰囲気を出して行くでしょうから問題ありません。

 

紅さん

「とても二面性のある役だと思っているので、その部分をしっかりと出していきたい」

「パーシーが育ってきた環境やバックボーンがとても大切になってくると思うので、そういうことも掘り下げていきたい」

パーシーは表の顔と裏の顔の二つの顔をしっかりと演じ分けしてほしいと思いますがその点は紅さん、バッチリやってくれそうです。結構アドリブもやりやすい演目なので逆にあまりやり過ぎないでほしいとは思いますが。

 

あーちゃん

「パーシーと結婚してから、どんどん気持ちがすれ違って、心の微妙な揺らぎとか細かい部分をしっかりとお芝居で表現していけたらなと思っております」

見た目と違って紅さんパーシーとあーちゃんマルグリットは大人の雰囲気が漂いそうな感じです。

 

ことちゃん

「マルグリットへの愛や、それを諦められない自分へのもどかしさ、人間の面倒な部分も小池先生がおっしゃるように大人っぽく演じていけるように頑張りたい」

大人っぽく、これをどうことちゃんが表現するのか興味がありますね。

最近めっきり大人っぽくなってきたことちゃんですが、たぶんパーシーとマルグリットが予想以上に大人っぽくなるでしょうから余計に頑張らないと。でもやり過ぎると不自然になるから小池先生の言うように若さを活かしつつでいいのではないでしょうか。

 

ロベスピエールの歌が増える以外は基本的な構成に変更はなさそうで安心しました。

早くこの制作発表会の映像を見てみたいものです。

 

 

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

no image

組替えについて いろいろと

  今日は一気に発表があって頭が混乱している人も多いかも。 僕もその一人ですが

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsords Link

星組東京公演「眩耀の谷/Ray」稽古場レポート ことなこの笑顔で元気でた

いよいよ星組のお披露目東京公演が近くなってきました。 初日7月31日

no image
轟 悠 理事の退任・特別顧問就任 しかし何もかわらない

宝塚歌劇団公式サイトによると このたび、下記の通り決定しまし

星組 東京『眩耀(げんよう)の谷』『Ray』 特別番組の放送 スカイステージで初日が見れる

星組 東京『眩耀(げんよう)の谷』『Ray』 特別番組の放送・ライブ配

no image
宝塚歌劇梅芸その他公演の再開日程決定 全国ツアーから梅田へ 星組はどうなる?

先日の大劇場公演再開に続き梅田芸術劇場その他公演の再開日程も発表されま

星組東京宝塚劇場公演『眩耀(げんよう)の谷』 公演決定!ことちゃん(礼真琴)&なこちゃん(舞空瞳)お披露目が見れるよ

なかなか発表のなかった新生星組お披露目の東京公演の公演決定と日程その他

→もっと見る

  • 『眩耀(げんよう)の谷』初日!おめでとうございます♡
    全国ツアー『エル・アルコン-鷹-』初日!おめでとうございます♡
    『ロミオとジュリエット』初日まで
    あと 12 日 20 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑