*

原作『紅はこべ』を読み直す

公開日: : 最終更新日:2017/02/17 宝塚一般, 星組

 

初演スカピン映像を何度も見て特にパーシーとマルグリットの心情の変化がより見えるようになってきました。

そして原作『紅はこべ』を何度も読み直しています。

やはり何度も読むと忘れていた箇所や一度では見えなかった部分も見えてきてより面白くなりますね。しかしまだまだ理解できないところ(特にパーシーとマルグリットの関係性)がありもっと読み込みが必要だなと感じます。

 

今一番不思議に思うことは『最後なぜショーヴランはマルグリットを解放したのか』です。

 

最後スカーレットピンパーネル(パーシー)に逃げられ、でも行き先はわかっていたのでそこに急ぐわけですが、スカーレットピンパーネルの正体がパーシーだということはショーヴランはわかっていたわけで、ならば奥さんであるマルグリットを人質にとるのが普通じゃないかと思います。

でもそれをせずにあっさり解放してしまった。行き先もはっきりしてるし部下もたくさんいるので余裕で捕まえることができると読んだからだとは思いますが、いかにも『まぬけ』な行動だったと思います。

結果、パーシーを逃がすことになってしまった。

何かもっと深い意味があるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

星組東京宝塚劇場公演『眩耀(げんよう)の谷』 公演決定!ことちゃん(礼真琴)&なこちゃん(舞空瞳)お披露目が見れるよ

なかなか発表のなかった新生星組お披露目の東京公演の公演決定と日程その他の発表がありました。 ことち

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsords Link

no image
2021年の星組を展望する 礼真琴&舞空瞳

2021年の宝塚歌劇もスタートしました。 今年は新生星組にとって実質

no image
礼真琴のおたからプレイリスト 2021年1月 スカイステージ

2021年タカラヅカニューススペシャル 礼真琴のおたからプレイリスト

no image
宝塚歌劇 2021年 鏡開きは星組の礼真琴&舞空瞳

2021年の宝塚歌劇は今年も星組のことちゃん(礼真琴)となこちゃん(舞

星組の2020年を振り返って

2020年も今日が大晦日。 今年は新型コロナの影響で世の中はたいへん

no image
星組ロミオとジュリエット 制作発表会映像 スカイステージ 礼真琴&舞空瞳

星組ロミジュリの製作発表会の映像がスカイステージで流れました。 &n

→もっと見る


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑