*

星組『ベルリン、わが愛』 人物相関図

公開日: : 宝塚一般, 星組

 

まずは主演の紅さん演じるテオ・ヴェーグマンは【UFAで助監督をつとめる青年。のちに映画監督となり、トーキー映画の製作に取り組む】とのことで予想通り映画監督でした。

UFA所属ということでナチスの影響を相当受ける厳しい役柄となりそうです。

 

あーちゃん演じるジル・クラインは【ネルゾン劇場のレビュー・ガール。テオの映画に出演することとなる】なので映画出演を機にテオと恋仲になる設定ですね。

 

ことちゃん演じるエーリッヒ・ケストナーは【テオの友人の絵本作家】とのことですがこれは実在する人物なので絵本作家とありますが絵を描くわけではなく児童文学の作家ですね。

テオの友人なのでテオの手がける映画の脚本を書くという役か、実際に映画になった「ほら男爵の冒険」を映画化する場面があるのか。

 

カイちゃんのニコラス・カウフマンは映画プロデューサーで紅さんチーム。

 

みほちゃんのルイーゼロッテも実在の人物でケストナーの恋人なのですが、カフェの女給とは??ルイーゼロッテは雑誌か新聞社の編集者のはずですが女給の時代があったのか今回設定を変えたのか。

ケストナーはカフェで執筆していたようですからケストナー行きつけのカフェでルイーゼロッテと出会って恋に落ちた、それでもいいかもしれませんが。

 

せおっちのロルフ・シェレンベルクは若手俳優。どんな出番になるのかわかりませんが売り出し中のせおっちですからいい場面がありそうです。

 

ナチス側がかちゃのゲッベルスとその妻、部下一人。しーらんのアルフレート・フーゲンベルクを入れても少ない人数なのでナチス側の場面はそれほど多くなさそうです。

 

さてこの配役でどのような話になるのでしょうか。映画製作に燃える仲間たちがナチスの弾圧に耐えながらそして悩みながら自分たちの作りたい映画をなんとか作ろうとする過程を描く、そんな展開になるのでしょうか。どうやって魅力ある脚本に作るのか期待するしかありません。

当時多くの映画監督や作家が亡命したようにテオとジルも亡命して幕なんて展開になるのか、、、

 

 

 

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

no image

星組公演 阿弖流為 初日観劇

  梅田芸術劇場ドラマシティ公演 阿弖流為の初日を観劇してきました。 ことちゃ

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

no image
URL変更しました

このサイトのURLは下記に変更しました。   h

20190115
星組 5月別箱 出演者の振り分け発表

  星組5月公演 鎌足とアルジェの男の出演者の発表があ

20190115
DVD 香港映画『食神』 面白い!

  星組公演GOD OF STARS-食聖-の原作か?

20190115
2019年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<7月~10月・星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』>

  ようやく星組の来年2作目の演目が発表されました。

20181129
『霧深きエルベのほとり』1/15 13時公演を観劇

今更ですがみなさまあけましておめでとうございます。ほんと今更ですが^^

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日!おめでとうございます♡

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑