*

星組お披露目公演 「眩耀の谷」稽古場 礼真琴&舞空瞳

公開日: : 星組, 礼真琴, 舞空瞳

星組お披露目公演の稽古場の様子がスカイステージで流れました。

芝居、ショーとも新生星組らしいフレッシュな雰囲気でいい感じでした。

ひとつにはなこちゃん、愛ちゃん、あかちゃんと他組からの新しいメンバーが加わったことも大きいと思います。やはり組み替えは組にとっては必要なことなのでしょうね。生徒さんには負担が大きいですが、、

 

芝居は謝先生が公式サイトでも書かれていた「中国の幻想的な歴史ファンタジーの世界」の壮大さが感じられる雰囲気でした。

ことちゃん礼真は阿弖流為を連想させるような爽やかな青年でピッタリの印象です。

芝居が進んでいくにつれだんだん悩み苦しむ青年にかわっていくのですね。どのような芝居になるか楽しみです。

 

なこちゃん瞳花はとにかく可愛い。途中扇子?で礼真に向かう場面では目が見えているように感じましたがあれはどういう設定なのでしょうか。舞台で確認ですね。

瞳花の台詞「私の願いを聞いてもらえますか」の「願い」が話のキーワードですね。どのような展開になるのでしょうか。

 

愛ちゃん将軍はもう貫禄の一言。やはり男役ができてますね。頼もしいです。礼真は将軍と戦うことになるのでしょうか、、

 

最後礼真と瞳花はどうなるのか、ハッピーエンドで終わってほしいなあ

 

ショーはプロローグのロックの「レイ、レイ」の歌は盛り上がりそうですね。

ことちゃんセンターは見た瞬間涙が出るだろうなあ。楽しみです。

その後のことなこのデュエットは胸キュンキュンらしい雰囲気もちょっと出てましたね。なこちゃん、歌頑張れ〜ですが。

 

せおっちの金星テーマシーンもなかなか様になってきました。

愛ちゃんの場面はさすがの貫禄。かっこいいですね。

ことちゃんセンターの群舞はみんなのターンがバラバラなのが気になりましたが舞台ではビシッと決めてくれることでしょう。

 

デュエダンは今回も「近い!」って感じでニヤニヤしちゃいますね。

柔らかい雰囲気で踊ると中村先生のコメントがありますが、個人的にはガッツリ、バシバシ踊ってほしいです。どうなりますでしょうか。

 

最後のパレードがなかったですが全体を通して見る限り2番手愛ちゃん、3番手せおっちですね。階段降りも愛ちゃん2番手羽根、せおっちの番手羽根を背負ってしっかりと番手を確定してほしいです。番手ぼかしは賛成しません。やはり1,2,3がしっかり決まっている方が好きです。そこはぜひお願いしたいです。

 

いよいよ明後日はお披露目初日。どんな新生星組が見れるでしょうか。

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

星組 黒豹の如く 新人公演 観劇感想4

礼真琴以外の感想を書きます。 あいりちゃん ことちゃんと同じで可愛いけど今回の大人の役、カテ

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsords Link

no image
2021年の星組を展望する 礼真琴&舞空瞳

2021年の宝塚歌劇もスタートしました。 今年は新生星組にとって実質

no image
礼真琴のおたからプレイリスト 2021年1月 スカイステージ

2021年タカラヅカニューススペシャル 礼真琴のおたからプレイリスト

no image
宝塚歌劇 2021年 鏡開きは星組の礼真琴&舞空瞳

2021年の宝塚歌劇は今年も星組のことちゃん(礼真琴)となこちゃん(舞

星組の2020年を振り返って

2020年も今日が大晦日。 今年は新型コロナの影響で世の中はたいへん

no image
星組ロミオとジュリエット 制作発表会映像 スカイステージ 礼真琴&舞空瞳

星組ロミジュリの製作発表会の映像がスカイステージで流れました。 &n

→もっと見る


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑