*

星組公演 黒豹の如く 初日観劇しました

公開日: : 宝塚一般, 星組

当たり前ですがちえねねの退団公演色がとても強い公演でした。

 

芝居、ショーともに、とにかくちえさんがかっこいい。ねねちゃんもかわいい。一言でいえばそんな公演でした。

 

それにしてもちえさん、なんであんなにかっこいいのでしょうね。芝居のオープニングがら、まるでショーが始まったのでは?と錯覚するほどかっこいいちえさん。また海賊の衣装がよく似合う。

 

それからショーのオープニング。スポットライトが当たったかと思ったら、そこには銀橋に横たわるちえさんが。真っ赤な口紅で。あれは反則だ。SS席の人、何人か死んだんじゃなかろうか。かっこよすぎる。

 

芝居、ショートともに詳しくはまた書きますが、全体の感想はそんな感じです。ちえさんファンにとっては最高の舞台でしょう。

 

ただ芝居の脚本演出に関してはちょっとどうなんでしょうか。

 

ちえさんはかっこいいですよ、何回も言いますが。脚本、演出の問題です。

 

2つ疑問があります。ひとつは、ちえさん演じる主人公アントニオが何に悩んでいるのかが見えない。

 

たとえば彼が言う台詞

 

「俺の未来はどこへいくのか」

 

「俺の海はどこだ、どこへ行った?」

 

とありますが、何をどう悩み苦しんでいるのかが伝わってこないし、わからない。

 

第1次世界大戦が終ってスペイン海軍は弱体化したと言われ、その弱体化した海軍のことで悩んでいる?

 

怪しく忍び寄るアラルコンの存在におびえている?

 

 

それからもうひとつ。今回のテーマは歌劇の中で柴田先生も「恋の物語」と言い、ちえさんも「大恋愛の物語」と言っている。しかしそのあたりも、しっかりと伝わってこない。

 

確かにかつての恋人と再会して、状況も変わり、今度こそほんとうに愛する人と一緒になろうとした。いろんな障害がありながら、結果的にそれが現実となったわけですからハッピーエンドなのですが、なんか胸に刺さるものがない。

 

ただ単に「過去の恋人と再会し一緒になれてよかった」で終ってしまったように感じました。

 

いつもそうですが1回ではほんとうの意味は理解できないのかもしれません。

 

みなさんはどう感じられたでしょうか。

Sponsords Link

関連記事

歌劇11月号礼

歌劇11月号 楽屋日記 礼真琴

歌劇11月号 楽屋日記の礼真琴 歌劇11月号を早速買ってきました。楽屋日記ロスグロ&パッショネイト

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

no image
URL変更しました

このサイトのURLは下記に変更しました。   h

20190115
星組 5月別箱 出演者の振り分け発表

  星組5月公演 鎌足とアルジェの男の出演者の発表があ

20190115
DVD 香港映画『食神』 面白い!

  星組公演GOD OF STARS-食聖-の原作か?

20190115
2019年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<7月~10月・星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant』>

  ようやく星組の来年2作目の演目が発表されました。

20181129
『霧深きエルベのほとり』1/15 13時公演を観劇

今更ですがみなさまあけましておめでとうございます。ほんと今更ですが^^

→もっと見る

  • 星組全国ツアー初日!おめでとうございます♡

  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑