*

星組バウ公演(礼真琴) かもめ 原作を読んで、、、4

公開日: : 最終更新日:2014/04/13 星組

ニーナとトリゴーリンの関係について

<なぜニーナはトリゴーリンに惹かれたのか>

ニーナは裕福な地主の娘。

女優になることに憧れていたとはいえ、自分の恋人トレープレフの母親の愛人をにひかれ、
モスクワまで追っかけて結婚までしてしまう。

恋人の母親の愛人ですよ。

全く理解できません。当時のロシアでは愛人は普通だったのでしょうか。


<なぜトリゴーリンはかもめの短編の話をしたのか>

2幕でトレープレフがかもめを撃ち落しニーナに見せる場面がありますが
そのかもめを見てトリゴーリンがニーナに話す。

「湖のほとりにちょうどあなたみたいな若い娘が、子供の時から住んでいる。
かもめのように湖が好きで、かもめのように幸福で自由だ。
ところがふとやってきた男が、その娘を見て、退屈まぎれに娘を破滅させてしまう」

この話は最後にニーナがトレープレフと再会したときに口にするのですが
何かを暗示しているように聞こえるこんな話をなぜトリゴーリンはわざわざニーナに
したのでしょうか。

トリゴーリンは文学や芸術の話をしてニーナの気持ちを
自分のほうに向けようとしているときに、逆効果になるような話をなぜしたのでしょうか。

この話は深い意味はなく、かもめを見て単に思いついただけなのか、謎です。


<ニーナはなぜ最後までトリゴーリンを愛していたのか>

ニーナにとって結局捨てられた男。その男を最後まで愛していたのはなぜでしょうか。

ニーナはトレープレフと再会したときに言います。
「あの人が好き。前よりももっと愛しているくらい。」

普通ありえないですよね。結婚生活がどんなふうだったか詳しくは書かれていませんが
子供にも死なれ、かもめのはく製を作らせたことをすっかり忘れるくらいトリゴーリンが
真剣にニーナのことを愛していたとはいえないのは明白で、そんな男をなお愛しているのでしょうか。

ニーナの言う
「私たちの仕事で大事なものは、忍耐力だということが、私にはわかったの」

このことをわからせてくれたからトリゴーリンを愛してるとでもいうのでしょうか。

つづく

関連記事

星組ロックオペラモーツアルト スカイステージ突撃レポート 礼真琴&舞空瞳

  スカイステージの楽しみの一つが公演の突撃レポートですよね。 そして今回の星

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

星組モンテ・クリスト伯 物語の主題を考える 原作とも比較して

星組全国ツアー公演 モンテ・クリスト伯のお稽古も順調に進んでいるでしょ

星組ディミトリ(ルスダン) ポスター 主な配役発表 礼真琴&舞空瞳

11月12日に初日を迎える星組大劇場公演 ディミトリのポスターと主な配

星組全国ツアー モンテ・クリスト伯 配役発表 礼真琴&舞空瞳

9月1日に初日を迎える星組全国ツアー公演 モンテ・クリスト伯の配役が7

星組大劇場『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』先行画像 礼真琴&舞空瞳

7月12日に、11月12日に初日を迎える星組大劇場公演『ディミトリ~曙

no image
星組宝塚大劇場公演『めぐり会いは再び』『Gran Cantante‼』 [Blu-ray]ブルーレイが23%オフ 8500円

星組宝塚大劇場公演『めぐり会いは再び』『Gran Cantante‼』

→もっと見る




  • ★星組公演『モンテ・クリスト伯』初日まで
    あと 14 日 11 時間


    ★星組公演『ディミトリ/ジャガービート』初日まで
    あと 86 日 11 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑