*

2017年版『宝塚カレンダー』の発売について

公開日: : 宝塚一般

 

2017年版『宝塚カレンダー』の発売についての詳細が公式に発表されました。

 

気になるカレンダーとしては

(1)宝塚スターカレンダー
◎発売日 10月21日(金)
◎規格  B2判/13枚(表紙とも)
◎価格  1,500円(税込)
◎掲載メンバー(計15名)※下線は今回初登場者
(専科)轟悠
(花組)明日海りお・花乃まりあ・芹香斗亜
(月組)珠城りょう・愛希れいか・美弥るりか
(雪組)早霧せいな・咲妃みゆ・望海風斗
(星組)紅ゆずる・綺咲愛里
(宙組)朝夏まなと・実咲凜音・真風涼帆

(4)宝塚パーソナルカレンダー(全10種類)
◎発売日 11月18日(金)
◎規格  B4判/8枚(表紙とも)
◎価格  700円(税込)
◎発売メンバー  ※下線は今回初登場者
(専科)轟悠
(花組)明日海りお・芹香斗亜
(月組)珠城りょう・美弥るりか
(雪組)早霧せいな・望海風斗
(星組)紅ゆずる
(宙組)朝夏まなと・真風涼帆

 

どちらも星組だけぽっかり空欄になってますよね。

僕は正直言って誰がここに入ってもいいと思います、劇団が決めることですから。

 

しかし空欄ってのがいけません。

 

トップを支える2番手がしっかりしてないと宝塚はいけません。

やはり1、2、3番手がしっかりしてる、以前のちえさん、紅さん、まかぜのような状態ですよね。あのような状態だと安心して舞台を見ていられます。

はっきりしてないのはどうもモヤモヤしていけません。たぶんはっきり書けない劇団の事情があるのでしょうけど、早く『安定した星組』の状態にもっていってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

関連記事

宝塚歌劇100周年記念大運動会

宝塚歌劇100周年記念大運動会の本   大運動会の本、やっと買いました。ざっと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
2022年 宝塚歌劇(星組)を振り返って

2022年の星組はことなこ(礼真琴&舞空瞳)体制3周年を過ぎ4年目に入

no image
礼真琴&舞空瞳体制の今の星組の充実度

星組 礼真琴&舞空瞳体制も10月で4年目に入りました。もう丸3年過ぎた

星組ディミトリ/ジャガービート初日観劇感想

星組大劇場公演ディミトリ/ジャガービートの初日を観劇しました。 &n

星組ディミトリ/ジャガービート 稽古場レポート 礼真琴

星組大劇場公演「ディミトリ/ジャガールクルト」の稽古場情報がスカイステ

no image
2023年6月 星組大劇場公演 演目発表 1789 礼真琴&舞空瞳

10月11日に2023年6月 星組大劇場公演 演目が発表されました。

→もっと見る




  • ★星組公演『Le Rouge et le Noir ~赤と黒~』初日まで
    あと 52 日 20 時間


    ★星組公演『バレンシアの熱い花』初日まで
    あと 57 日 20 時間


    ★星組公演『Stella Voice』初日まで
    あと 63 日 20 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑