*

雪組大劇場 11/21 11時公演観劇 感想続き

公開日: : 宝塚一般, 雪組

 

キャストごとの感想です。

ロベスピエール(望海さん)

全体の感想でも書きましたが楽しみにしていただいもんの歌、十分に堪能できました。

今までも何回か見たこと(聞いたいこと)ありますが今回は曲の素晴らしさもあって素晴らしかったです。

僕がだいもんの歌で一番好きなのは「気持ちよく通る声」です。素直に出すところはしっかり声を出す、歌唱の一番の基本だと思うのですが(素人目)それがしっかりしているので聞いていて気持ちいいです。

歌の上手い人でも何かテクニックに走ってうまく見せようとかする人は嫌いです。その点だいもんの歌は素直に発声しているところが魅力あります。

だいもんは声が高いのでよりスカッと声が通りますよね。なので歌詞もとても聞き取りやすい。これかなり重要ですよね。歌のへたな人は音痴な上に声が聞き取れないのでストーリーがわかりにくい。だいもんのようにはっきり歌詞がわかると芝居を見ていてストレスがないです。

今回はきーちゃんとのデュエットもたくさんありますしソロも多いです。ワイルドホーンの曲ということで素人目にもかなり難しそうな曲もありましたがらくらく歌ってました。だいもんときーちゃんのコンビだから成り立っているのでしょうけど。

 

一方ロベスピエールという役については、、、

何かしっくりこないです。

前の記事にも書きましたが、生田先生が表現したかった、ロベスピエールを通して「志を一つに共に立ち上がった仲間達との絆、運命的なロマンス・・・その青春を賭し、理想に燃えた青年が革命の頂点へと邁進する姿を通し、彼が掲げた「自由・平等・博愛」に込められた思いを紐解き、人類の歩むべき路を問いかける」という部分が理解できなかったです。

確かに前半の希望に満ちた純粋な革命家から後半の『恐怖政治』からの没落を描いているのはわかるのですが、その変わり方が唐突で説得力に欠けるように感じます。

特に前半のロベスピエールは普通の青年って感じで民衆の中にあってほとんど目立ってないですよね。革命家としての活動のエピソードや場面もないしロベスピエールがどんな考えでどんなことをしたいた人物なのかの描写が足りないと思います。

これはロベスピエールという人を宝塚ファンならだいたい知っているので描く必要がないと判断したのでしょうか。今回はロベスピエールが主役なのですからそこはしっかりと描いてほしかったです。

さらにトップの役、主人公なのですからもう少し「真ん中感」が欲しい気がします。これは後半との差を出すためにあえて前半はああいう役作りにしたのでしょうか。『恐怖政治』に移っていく過程でももう一つ二つエピソードが欲しかったと思います。最後処刑に至る流れも唐突で。これはだいもんがどうこうより脚本の問題だと思います。やはり時間が足りないということでしょうか。

 

マリー=アンヌ(きーちゃん)

歌には定評のあるきーちゃんですが今回は今まで以上にその歌声にびっくり、そして感動しました。

花組時代は知りませんが星組時代、鈴蘭や新人公演のアデレイドやアデーレの歌でその歌唱力は折り紙付きで、その一番の魅力はよく通る綺麗な声ですよね。

今回はだいもん同様これでもかってぐらい歌いますが、その透き通った美声はもちろん迫力がすごかったです。

もともと声量のあるきーちゃんですが途中、どすをきかせる曲があるのですが鳥肌がたちました。歌で鳥肌がたったのは久しぶり。

このようにソロになるとバーンと自分を出すのですがデュエットになると一転、控えめになります。だいもんの歌に合わせるというか。なのでだいもんの歌、声がしっかりと聞こえます。このあたりのコントロールができるのも歌のレベルが高い証拠ではないでしょうか。あと歌詞が聞き取りやすいのはだいもんと同じです。

 

一方マリー=アンヌという人物なのですが、これまたロベスピエールと同じでしっくりきませんねえ。

これも前回の記事に書きましたが、親や恋人を殺され復讐で殺そうと近づいた相手をなぜあんなに簡単に好きになってしまうのでしょうか。ロベスピエールの話を聞いて革命に対する考え方を聞いてその言葉に心を動かされたのようだけどあんなに簡単に気持ちが変わるだろうか。何かもっとはっきりと心の変化を感じ取れるようなエピソードが欲しかったと思います。

ただ最初のマリー=アンヌの登場シーンはびっくりしました。復讐に燃えどうやって殺そうかって場面ですが怖いぐらいの迫力がありました。きーちゃんは可愛いイメージが強いですがこの時は別人のようでいしっかり役になりきってました。

それからロベスピエールを2本の剣で殺そうとする場面がありますが流石に元男役志望だけのことはあります。動きにキレがあって殺陣も様になってました。

 

たぶん1回の観劇では僕の頭では脚本のよさが理解できないのだと思います。でも同じ生田先生のシェークスピアは1回で感動したんだけどなあ。。。

 

 

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

エリザA4仮チラシ_11月修正_白

東宝エリザベート キャスト発表

東宝エリザベート キャスト発表 なんか最近はうれしいけどうれしくないみたいな発表が多いな。東宝エリ

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Sponsords Link

20191114
星組ロックオペラモーツアルト 稽古場レポート パート2 礼真琴

  パート2も面白い 1幕ラストのダンスシーンが凄い

20191111-2
星組ロックオペラモーツアルト 稽古場レポート 礼真琴トップとして初登場

  星組ロックオペラモーツアルト 稽古場レポートがスカ

20191101
星組お披露目公演『眩耀の谷』 ポスターの透明感が最高

  星組お披露目公演『眩耀の谷』(2020年2月7日(

20191027
モーツアルトに染まる毎日 ことちゃん(礼真琴)お披露目が楽しみ

  最近は毎日モーツアルトに染まっています。 &

20191024
蜜蜂と遠雷 原作本を読んで 映画との違いは?

  先日、蜜蜂と遠雷の映画を見た感想を書きました。

→もっと見る

  • ロックオペラモーツアルト初日まで
    あと 22 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑