*

2020年2月~5月 星組お披露目公演 演目発表 『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』

公開日: : 最終更新日:2019/11/12 星組, 礼真琴, 舞空瞳

 

星組お披露目公演の演目が発表されました。

芝居
幻想歌舞録
『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』
作・演出/謝 珠栄
ショー
Show Stars
『Ray -星の光線-』
作・演出/中村 一徳

 

芝居は謝先生、ショーは中村先生の完全オリジナルの2本立て。

お披露目でロミジュリはなくなったので2本立ての予想ではありましたがどちらかは再演と思っていたので両方オリジナルとはちょっとびっくりしました。

ショーは中村先生が来そうな予感もあったのですが、芝居の謝先生は意外でした。謝先生は振り付けの評価は高いし演出もされているので期待できそうですが脚本の作品はあるのでしょうか。調べた限りではなさそうなので未知数ですかね。

 

芝居はタイトルの舞い降りた新星や役名の丹礼真(タンレイシン)、舞姫・瞳花(トウカ)などことちゃんやひっとんのお披露目感全開で先生の思いが伝わる内容です。

古代中国ものということで衣装もざっくりした阿弖流為みたいな感じになるのでしょうか。ことちゃんには似合いそう。

「礼真の運命は思いもかけぬ方向に流されていく」とありますがお披露目らしくハッピーエンドがいいなあ。やはり最後は礼真と瞳花は結ばれて国が幸せになるみたいな。ちょうど鈴蘭でリュシアンとエマが結ばれたように。謝先生の脚本に期待したいと思います。

 

ショーも“光線”、“熱線”を意味する“Ray”ということで新トップ礼真琴を全面に出すイメージでさらにひっとんの名前も解説に入って二人で新生星組を引っ張っていく感じでとても期待できそうです。

華麗なるシンギング&ダンシング・ショー。

まさに二人にぴったりの歌って踊っての楽しいショーになりそうです。来年の2月、まだまだ先ですが待ち遠しいですね。

 

 

関連記事

星組『ベルリン、わが愛』 人物相関図

  まずは主演の紅さん演じるテオ・ヴェーグマンは【UFAで助監督をつとめる青年。のち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

星組ディミトリ/ジャガービート初日観劇感想

星組大劇場公演ディミトリ/ジャガービートの初日を観劇しました。 &n

星組ディミトリ/ジャガービート 稽古場レポート 礼真琴

星組大劇場公演「ディミトリ/ジャガールクルト」の稽古場情報がスカイステ

no image
2023年6月 星組大劇場公演 演目発表 1789 礼真琴&舞空瞳

10月11日に2023年6月 星組大劇場公演 演目が発表されました。

no image
星組2023年 3月 別箱の演目発表 ことなこが分かれる、、 礼真琴&舞空瞳

10月6日に2023年3月の星組別箱の演目発表がありました。 &nb

星組ディミトリ ルスダンより12歳も若かった 礼真琴&舞空瞳

星組大劇場公演 ディミトリ  物語の年代が13世紀はじめ頃。 ディ

→もっと見る




  • ★星組公演『Le Rouge et le Noir ~赤と黒~』初日まで
    あと 105 日 18 時間


    ★星組公演『バレンシアの熱い花』初日まで
    あと 110 日 18 時間


    ★星組公演『Stella Voice』初日まで
    あと 116 日 18 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑