*

2019年 公演ラインアップ【全国ツアー公演】<2019年5月・星組『アルジェの男』『ESTRELLAS ~星たち~』> 主演 礼真琴

公開日: : 最終更新日:2019/11/13 星組, 礼真琴

 

さていよいよ全国ツアーの主演にことちゃん(礼真琴)が決まりました。おめでとう〜!!

来年のスケジュールが発表されたときからこの別箱の振り分けがどうなるのか、全ツか東上か、ファンならみんな気になっていましたよね。僕としてはどちらでもよかったのですが、まずは決定してほっとしてます。

 

しかし全国ツアーですか、すごいですね単純に。いよいよここまで来たのかって純粋に思います。

その公演のトップとして全国を回り宝塚のよさを伝える、重要な役目ですから、ことちゃんには相当なプレッシャーがかかると思いますがなんとか乗り切ってほしいと思います。

 

演目は『アルジェの男』

 

見た瞬間は「??以前見たことはあるなあ」程度であまり馴染みのない演目でした。

あとで調べたらきりやんが主演でその時の新人公演でちゃぴが初ヒロインをやった公演でした。

生の舞台は見てませんが映像も残してあって、今見返すととっても若いちゃぴがいました。(今でも十分若いけどね)そうかこの作品なんだとちょっと縁を感じました。

贔屓のちゃぴが退団する時に、ちゃぴが初ヒロインをやった作品をことちゃんが全ツで主演する。

 

ことちゃん演じるジュリアン・クレール。孤児でどうしようもないクズなのですがそこからあることがきっかけで出世の道を駆け上がろうとして、でも最後は、、、という「青年」の役。

やっぱりことちゃんに合わせて選んでくれたのでしょうか

「青年」でよかった。

初演は鳳蘭さんがされているようですが当然見たこともありません。

きりやんのを見た印象では最初のクズの頃はかなりつっぱった感じででもダンスシーンも多くことちゃん見せ場はたくさんありそうです。歌のソロもありますからね。かっこいいジュリアンを見せてくれることでしょう。

 

僕が気になっているのはヒロインです。

 

先に書いたように新公でちゃぴが演じたヒロインのサビーヌ。ダンサーの役なんですよね。

ちゃぴもダンサーですが本公演のまりもちゃんももちろんダンサー。再開する場面で衝撃的な衣装で可憐なダンスを踊るシーンがありますからこの役はダンサーじゃないといけません。超重要な役なんです。

今の星組を見てヒロインできそうな娘役でダンサーとなると、、、いませんねえ、残念ながら。

 

まだ半年先なので男役も娘役も組替えがあるかもしれませんし配役予想も難しいですがとりあえず今のメンバーで予想してみると

ジュリアン  ことちゃん
サビーヌ   みほちゃん
ジャック   みっきい
アンリ    ぴーすけ
エリザベート ??
アナ・ベル  ほのかちゃん

 

みほちゃんはダンサーじゃないですが、他にいないんですよねえ。芝居のうまさに期待して、阿弖流為再びですが、失敗の許されない公演ですから。

ジャックは芝居の出来を左右しそうな重要な役なのでみっきいでお願いしたい。せおっちは紅さんチームに出そうなので外しました。

エリザベートもアナ・ベルも強烈なソロがあるので歌がうまくないといけません。ほのかちゃんともう一人が、、、いないんですよねえ。大丈夫か星組???

こうなるとなんとなく誰か来そうな気もします、、、

 

 

 

Sponsords Link

関連記事

星組バウ公演(礼真琴) かもめ 原作を読んで、、、

星組バウ公演 かもめ とても楽しみです。 原作も知らない僕はとりあえず3冊買って読みました。

記事を読む

Sponsords Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsords Link

no image
星組トップコンビ就任一周年 礼真琴&舞空瞳 ことちゃん、なこちゃん おめでとう!

今日2020年10月14日は星組トップコンビ 礼真琴&舞空瞳が誕生して

星組エル・アルコン-鷹- 配役発表 概ねいい配役 

10月13日、ようやく星組エル・アルコン-鷹-の配役が発表されました。

no image
星組公演ロミオとジュリエット 先行画像と主な配役に疑問

来年2月公演の星組ロミジュリ。 4が月前の10月には先行画像が出るの

no image
エル・アルコン-鷹- 配役予想

  ことちゃん(礼真琴)率いる新生星組のお披露目公演「眩耀

no image
星組『眩耀の谷/Ray』東京千秋楽 ライブ配信視聴 ことちゃん(礼真琴)中心に星メンバーが熱い!

  星組『眩耀の谷/Ray』東京千秋楽 ライブ配信視聴しま

→もっと見る


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑