*

星組かもめ稽古場

公開日: : 星組, 礼真琴

やっとスカイステージのかもめ稽古場の様子が流れました。

まずは、メドヴェジェンコのせおっち。
この話は、せおっちとはるこちゃんから始まります。
IMG_0292
以前、配役予想したときにも書きましたが、この役、せおっちにぴったりです。
気弱そうで、もじもじしてる感じが、やはりぴったりでした。

そして、トレープレフのことちゃん登場。
IMG_0293
さわやかですね!
設定年齢25歳。いろんなことに悩める青年ですが、、、
まずは想像どおり。

原作ではニーナとトレープレフの恋愛場面がほとんど描かれていません。
IMG_0289
ここは宝塚なので、しっかりと表現したのかなという印象でした。

そして、ことちゃんの歌がありました。

♪ニーナ~ ふたりで飛び立とう~♪

いつ聴いても、うまいです!耳にやさしい。
このメロディが頭から離れません。観劇の楽しみポイントになりました。
IMG_0294

ニーナのゆきちゃん。
やっぱり歌がうまい!いい声してますね。
ゆきちゃんの歌もあったので、うれしいです!
IMG_0295

トレープレフが殺したかもめをニーナの前に差し出す場面。
ことちゃんがかもめを床にぽーんと投げたとき、後方の上級生たちが
おもわず笑って、さらに笑いをこらえてます。
でもこの場面て笑う場面じゃないんですよね。なんで笑ったいるのか、ちょっと理解できない。
IMG_0297

みっきいとゆきちゃんの芝居を見守ることちゃん。

ちょこんと座ることちゃんもかわいいですね!
IMG_0296

そしてトリゴーリンのみっきい。
トレープレフの母親アルカージナの愛人で、ニーナと結婚しちゃう役ですから
とても重要な役。
さすがに余裕がありますね。
IMG_0298

今回は4幕のうち、2幕までしか流れませんでしたが、収録時はまだ先が
進んでなかったのかな。

もう明日は初日。

どんな芝居になるのか、楽しみですね!!

Sponsords Link

関連記事

演出家 谷正純が語る 星組公演 こうもりの見所

  星組公演 こうもりの見所を演出家 谷先生が公式サイトで書いています。 &n

記事を読む

Sponsords Link

Comment

  1. kotoyumi より:

    いつも読ませて頂いてます!10代女子です。
    遅くなりましたがコメントを送らせてもらいます。
    ことさんがかもめを投げた時、上級生が笑っていているのは、かもめが立っているからだと思います^^
    私も最初は何だろう?と思っていましたが母が気がつきました。
    笑いこらえている上級生の姿に私もとても笑えました!

    • withcoto より:

      kotoyumiさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。
      kotoyumiさんのコメントを読んで、今、かもめの稽古場の録画を見返しました。
      すごいですね、お母さん、確かに、かもめが立ってますね!
      いままで全然気が付きませんでした。
      その姿に、思わず上級生が反応して笑ってしまったのですね。

      それから、何度もその場面をリピートしていて気が付いたのですが、ころちゃん(音花さん)が、首をちょっと下にして「きっ」としているように見えるのですが、これ、かもめの顔に反応しているんでしょうね。
      かもめが立ったので、上級生たちの方を向いたかもめの顔がおもしろい角度になり、その顔がおもしろかったのかなあと思いました。

      久しぶりにかもめの稽古場見れてよかった。ぜひもう一度観たいですね、東上してくれないですかね。ほんと希望します!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsords Link

星組舞浜アンフィシアター公演VERDAD 初日観劇の感想

(adsbygoogle = window.

no image
星組柳生忍法帖ポスター ことなこ(礼真琴&舞空瞳) いい雰囲気 

9月18日に初日を迎える星組大劇場公演 柳生忍法帖 のポスターが発表さ

星組『柳生忍法帖』 先行画像&主な配役 発表

9月18日に初日を迎える星組大劇場公演『柳生忍法帖』の先行画像と主な配

no image
星組 柳生忍法帖 主な配役予想

そろそろ来週には星組大劇場公演 柳生忍法帖の主な配役が発表されると思い

no image
星組ロミオとジュリエット ブルーレイがアマゾンで18%引き B日程も

星組のロミオとジュリエットのブルーレイが届いたというツイートもちらほら

→もっと見る


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑