*

星組バウ公演 かもめ 5/27感想

公開日: : 星組, 礼真琴

今日5/27にかもめを観劇しました。初日の観劇以来2回目です。

まず感想は「初日と全然違う、とにかく感動した」です。

礼真琴、ことちゃんの進化っぷりはみごとでした。

初日も、まあ、主演の出番が少ないという残念感はあるものの、劇団があくまでも原作通りにやったということで、
その意味では十分満足できるものでした。
しかしその後、藤原竜也主演のDVDを見て、「やっぱり役者は違うな」というのが正直な感想でした。

そして今日、2回目の観劇。

まず1幕。

コースチャがニーナの来るのを待つ場面。

この話はコースチャとニーナの恋愛関係の描写がほとんどないので、ここをしっかり最初に表現しておかないと、
最後のニーナとコースチャのやりとりの印象がぼけちゃいます。
ニーナはほんとうにコースチャのことを好きだったのか?となっちゃいます。
初日はこのあたりがもう一つ希薄だったように思います。

でも今日は全然違いました。ニーナの足音が聞こえたときのコースチャの笑顔、よろこび。
そしてソーリンに抱きついて喜ぶジェズチャー。
ニーナが登場してからも満面の笑顔でふたりとも「あ、この時点では恋人同士なのだな」とよくわかりました。
ことちゃんはどうしても演技が薄めなので、この段階で今日は違うなと感じました。

そしてふたりの♪ニーナ〜 二人で飛び立とう〜♪って歌につながります。
この歌も初日はちょっと弱い感じでしたが、今日は最初から全開でした。
この曲を聴いた段階で、感動して涙腺崩壊でした。

次の劇中劇の幕を下ろす場面。

ここも全然違いました。こちらが2回目ということで、見る余裕が出たことも関係あるかもしてませんが、ニーナの演じてる間、
観客がそれはいろいろとチャチャを出すんですね。
シャムラーエフもいいかげんうざい感じでした。その度にコースチャは「静かにして!」とかだんだんいらいらしてく様子が
よくわかりました。
そして「もういい、幕を下ろして!」となるんですね。そのつながりがとてもよく表現されていました。

2幕(原作)

殺したかもめをニーナに差し出す場面

最初「かもめを殺す卑劣なことをした」と言うあたりは、茫然とした感じで、そのご話を進めるうちにだんだんニーナへの怒り
みたいなものが出て激しくなり、最後トリゴーリンが来るあたりでは絶望、さびしさみたいな印象をうけました。
これだけ感情の変化を表現できることちゃん、たいしたもです!

3幕(原作)

母親とのけんかの場面

ここだけが、ちょっと感情移入できませんでした。
「ママ、包帯をかえて」「ママは上手だから」と甘えるあたりはさすがマザコン!いい感じです。
それから話がトリゴーリンになった瞬間、コースチャが激怒してけんかになる(二人の歌)わけですが、その歌はさすがに
見ごたえがありましたが、もっと激しくてもよかったと思いました。

そのあとコースチャがわっと泣き出しますが、ここが一番違和感ありました。
ここは藤原竜也のほうが一枚上かな。でも床に寝そべって泣くことまでは宝塚ではできませんかね。
この突然泣いたり、仲直りしたりというロシア文学独特の?展開に僕がついていけてないのかもしれません。
次回機会があれば見てみたい場面です。

4幕(原作)

最初ニーナを連れて部屋に入ってきたコースチャ、やっと帰ってきてくれた、うれしさとやさしさが感じられました。
それがニーナの話を聞いていくうち、だんだんと険しい表情に。そして最後ニーナがさよならを言うときは、話声もほとんど
聞いてない状態に。
ほとんど表情がなかった。空っぽの目
あの空っぽの目。忘れられません。 そして最後のダンスへ。
ダンスが終わった後の目も印象的。 大きな目を、かっと見開いて、、、 何を思っていたのでしょう。

全然関係ありませんが、あのダンス、エリザのコムちゃんルドルフの死の前のダンスを思い出しました。
僕だけでしょうか?

つづく

Sponsords Link

関連記事

星組「眠らない男・ナポレオン」 やっぱりいい

星組「眠らない男・ナポレオン」やっぱりいいですね。   先日、音楽配信があったり、

記事を読む

Sponsords Link

Comment

  1. より:

    お久しぶりでございます。

    25日観劇してまいりました!
    私が観た日は、皆様何故か緊張しておられたのか、琴ちゃんを始め、天寿さん、鶴美さんのお三方が噛んでいました。また、音花さんが、包帯の場面でまさかの包帯を落としてしまった!琴ちゃんの頭に一巻きした時、包帯のロールを琴ちゃんの左手側に落としてしまったのです笑落とした瞬間、音花さんは「あっ。」という顔だったのに対し、琴ちゃんは、「わ笑」っという感じで、あの琴ちゃん特有の顔をしてしまい、「あ、あー。」と笑
    その後の琴ちゃんの「本当に…上手だなぁ。」という台詞。琴ちゃん、ちょっと笑いながら言ってました笑会場も爆笑に笑
    あの琴ちゃんのわぁーっと泣き出す所、可愛くて。何故か会場も笑いに包まれていました笑

    私、あの最後のダンスを観たら琴ちゃんが怖くなってしまい、ここ数日琴ちゃん恐怖症になり、顔も見れなくなってしまいました。あのイってしまっている目、人間とは思えぬ身体能力、舞台を端から端まで、手前から置くまで使う振り、もう全てに恐怖を覚え、観た後ずっと放心状態になり、友達に心配されるまでに…。今では直ってきましたが、まだかもめのナウオンと初日映像を見るのは怖くて、見られていません。
    未だに声を聞いたり、突然琴ちゃんが映ったりするだけでびっくりしてしまいます。でもそれほど、表現が上手いという事ですので、こうやって私を怖がらせられたというのは、琴ちゃんとしては良かったことだと思います。

    これからも、成長し続けていって頂きたいですね。私も、この人と舞台に立てる様に、成長し続け、来年は合格したいと思います。

    長文失礼致しました。

    • withcoto より:

      琴さん、コメントありがとうございます。
      いろいろアクシデントはありますよね。包帯の場面は、ちょっと笑いが出てもおかしくないと思うので、
      それはそれでいいものを見たって感じですかね。
      ダンスは、琴さんの言われるとおり、かなり怖いです。
      あの目。確かに怖いです。何かを決心したような、何かにとりつかれたような、とにかく怖い。
      ダンスの振り付けもみたことないですね。僕は素人なのでよくわかりませんが、技術的にも難しいのでしょうね。
      琴さんが舞台に立つころには、ちょうど、ことちゃんが2番手かトップになるかってころじゃないですかね。
      一緒に舞台に立つ・・・夢ですが、夢はいつか現実になるって言いますから、がんばってください!!

  2. もめん より:

    まずは、今頃、コメントします。ごめんなさい。

    私は、CSで楽を拝見しました。

    とにかく、驚いたのが、芝居の終わり方。隣室で銃で自殺した音をきいた母親 「何の音?」 
    それから、主治医が確認してきて、「薬びんの割れた音だった」ときいて 安堵する母親。
    また、その後、そっと母親を外に連れ出すように指示する医者。

    これで終わり。

    海外文学、とくに重い印象だったので、ニュースなどで気になった場面の最終からみてしまい、その後、やっと、本編を見ました。母親との角質。ニーナとの別れ。そしてそのショックを体現したダンス。 見事でした。また、脇役の演技にも脱帽。

    無理に歌劇にしなくてもストレートプレイをやってほしいし、また演目によりますが、芝居で勝負できるのでは?と思う作品でした。

    • withcoto より:

      芝居の終り方、最初はびっくりしますよね。僕も初日は少々びっくりしました。けど、原作もさんざん読んでましたし、舞台が始まってから原作通り進んでいたので、最後は予想してました。なので「やっぱり最後も原作通りか」って納得でした。あのメンバーで再演してほしいと本気で思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsords Link

no image
エル・アルコン-鷹- 配役予想

  ことちゃん(礼真琴)率いる新生星組のお披露目公演「眩耀

no image
星組『眩耀の谷/Ray』東京千秋楽 ライブ配信視聴 ことちゃん(礼真琴)中心に星メンバーが熱い!

  星組『眩耀の谷/Ray』東京千秋楽 ライブ配信視聴しま

no image
真彩 希帆 ミュージック・サロンでオペレッタを歌う!

真彩 希帆 ミュージック・サロンが楽しみですよね。 宝塚歌劇団屈指の

no image
こんな企画は疑問。井上芳雄×望海風斗 Dream Collaboration

スカイステージの井上芳雄×望海風斗 Dream Collaborati

no image
雪組公演『NOW! ZOOM ME!!』ライブ中継・ライブ配信決定!望海さんの生歌が聞ける!

花組、雪組の公演再開延期の悲しいお知らせがあった今日、嬉しいお知らせも

→もっと見る


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑