*

星組バウ公演 かもめ 5/27感想2

公開日: : 星組, 礼真琴

星組バウ公演 かもめ 5/27感想の続きです。

全体の印象としては、ちょっと「かもめ」という作品がわかった気がします

この作品は悲劇なのか喜劇なのか、よく議論されることで、原作を読んだだけではコースチャが自殺するわけですから、
どう見ても悲劇でしょう。
しかし稽古場情報でもさやかさんたちが「どうみても喜劇」と言ったり、DVDの鹿賀さんも「コメディ」と言ったり。
ある解説では、「その人個人からみて悲劇でも、まわりから遠くから見たら喜劇になる」なんてのもあって、どうもよく理解できませんでした。

しかし、この芝居を2回みた段階での結論は

「悲劇か喜劇かはどうでもいい」です

主演のコースチャが苦悩して自殺するわけですから当然悲しい物語です。
しかしまわりの人々はマーシャ以外はそれほど悩んでいる人はいない。
そうかと言って幸せな人もいませんが、結構好きなように生きている。

そのまわりの人々がコミカルになればなるほど、コースチャの苦悩が対比的に浮き上がってくる。

最初、喜劇か悲劇かばかり考えて、まわりの人々の軽さとコースチャの暗さの違いに違和感があったのですが、そうじゃなくて、
この軽さと暗さの対比が印象的な話なのかなと思います。

短い公演なので千秋楽まであと少しです。
礼真琴がどこまで進化するのか、とても楽しみです。

関連記事

Comment

  1. さやちゃんファン より:

    そう! どっちゃでも良いですよね・・悲喜劇?!  寒くて厳しい風土ロシアであるからこその物語なのかな、とか(幼稚な目線ですみません) かもめは 自由の象徴なのか・・とか。
    初日から千秋楽まで、かなり思考しながら観劇。 見ごたえ、いや考えごたえの佳作でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次回星組大劇場公演 『ディミトリ~曙光に散る、紫の花~』その他配役発表、人物相関図修正 礼真琴&舞空瞳

11月12日に初日を迎える次回星組大劇場公演 『ディミトリ~曙光に散る

星組全国ツアー モンテ・クリスト伯 梅田初日 観劇感想 礼真琴&舞空瞳

星組全国ツアー モンテ・クリスト伯の初日(梅田芸術劇場)を観劇してきま

星組モンテ・クリスト伯 物語の主題を考える 原作とも比較して

星組全国ツアー公演 モンテ・クリスト伯のお稽古も順調に進んでいるでしょ

星組ディミトリ(ルスダン) ポスター 主な配役発表 礼真琴&舞空瞳

11月12日に初日を迎える星組大劇場公演 ディミトリのポスターと主な配

星組全国ツアー モンテ・クリスト伯 配役発表 礼真琴&舞空瞳

9月1日に初日を迎える星組全国ツアー公演 モンテ・クリスト伯の配役が7

→もっと見る




  • ★星組公演『ディミトリ/ジャガービート』初日まで
    あと 37 日 13 時間


  • 名前:大門
    性別:男
    年代:娘がことちゃんと同い年
PAGE TOP ↑